言語造形家・詩人の恵矢です。

 
ドイツ・シュタイナー式

ヴォイストレーニング

朗読のレッスン

伝わることばのワーク


・あがり症
・周囲の人にことばが伝わらない悩み
・自分に自信がない
・自己紹介、スピーチが苦手

・自分の声が好きじゃない

それらにはメンタルと話し方
二つに理由があります!

・その二つにアプローチができる
・人生をのバックボーンとなる講義
・声や話し方が短期間に変わる

それだけではありません

・自分取扱い説明書
・ことばの世界の地図

手に入るのは
一生使える、あなただけの
「ジブンマニュアル」


言語造形家、詩人、翻訳家として
ことばと多角的にかかわる恵矢は
レッスン歴は20年 述べ生徒数は1.700名以上!


大人なのに皆が真剣
笑いの絶えないレッスン
かけがえのないクラスメートに囲まれて
過ごす時間でみるみる変化が起きます


楽しくて手ごたえのある場に身を置くだけでも
人生は変わります
一緒にいる人で人生は変わるからです

悩みを、強みに変える
ことば塾ヴォルテレッスン


人生のターニングポイントを
あなたに贈ります


声の悩み、ことばの悩みに向き合うWORTE

WORTEで学ぶ言語造形受講生の声をもっと見る

新しいアプローチの話し方教室です
あなたの話し方から、
あなただけの「自分取り扱い説明書」をお渡しします。

人間関係が変わり、自然と自分に自信がつく。だから人生が変わります。コンテストに出場したり、
ストーリーテラーとして活躍している方もいます。

声が変わった
人生が変わった
家族関係が変わった
自分に自信がついた
新たな仕事に就けた
など受講生は人生を大きく変えています

 

 

淡々とにお困りの声がヴォルテ立ち上げのきっかけ

「自分の声が好きではないんです」
この仕事を始めたころ、そんな告白を受けたことがあります。
幼児教育では「淡々と」という言葉が一人歩きし、悩んでいる方が少なくありませんでした。ほかにもたくさんの悩みを聞きました。
こんな悩みはありませんか?
・人の目が気になる

・親として、一人の人として自信がない
・明るく振舞っていても、満たされない思いがある
・話していても気持ちが伝わらない気がする
・同じことを話したのに、自分の言葉だと聞いてもらえない気がする
ヴォルテのレッスンでこんな変化が!
・人生が物事のとらえ方が変わった

・周りの人(自分の子供も)を尊重できるようになった
・「自分が自分であること」に安心できるようになった
・自分のしたいことがはっきりしてきて、資格を取り、続けたいと思う仕事につけた
・夫や子供にイライラしてあたることが減った
・自分の声がコンプレックスだったが「よく通る声」と言われるようになった

動きの人と映像の人

淡々とにお困りの声がヴォルテ立ち上げのきっかけ外向的、内向的。みなさんはご自分がどちらか、ご存知ですか?
ことばを変えるには、第一歩はどちらかを知ること。

つまずきやすい場所も
人間関係に起りやすいトラブルも
朗読、読み聞かせのコツも
すべてが違うからです。
 

お一人ずつに合わせたステップ

淡々とにお困りの声がヴォルテ立ち上げのきっかけヴォルテのレッスンは、よくある発声練習や活舌レッスンとは違います。ことばの音は土、水、空気、火の4つに大別できます。発声する音と体の状態を精密に合わせていく練習をすると、言いたいことがそのまま伝わるようになっていくのです。 養成クラスでは各自に合わせて、ステップを作成しています。
 

伝わる喜びと手応え

淡々とにお困りの声がヴォルテ立ち上げのきっかけ

養成クラスは言語造形をベースにストーリーテラーを目指します。
短期講座ではみなさんの声とことば、さまざまな悩みにこたえます。ヴォルテは人生のターニングポイントを作る場所です。

話し方を学ぶだけなのに人生が変わり
望みがかなう。ご入塾いただいた方の多くが、
5年10年とたいへん長く学んでいらっしゃいます。

「話すことは楽器と同じで、習った人しか、人前で話すことはできない」
とシュタイナーも言っていますが、ヴォルテには講義もメソッドもあり
きちんと学ぶことができる、日本で唯一の言語造形スクールです。

ピアノや歌と同様、ことばは極めていくことが可能です。
学び始めると、聞き手に伝わる手応えがあるので、楽しさも倍増です。
上級者たちは幼稚園、学童、小学校などで活躍しています。

土日の単発講座、3か月コース、1年コースを準備中です。(2018年から開講)ぜひ一度体験レッスンお話し会恵矢のライブ「PIECES」へお越しください。役立つプレゼントをご用意してあります。

体験レッスンについて レッスン風景を見てみる

受講生の声

目黒区 Kさん
「二年目に入りヴォルテの専門用語の意味がどういうことかわかってくると、
とても楽しくてワクワクしています」
渋谷区 Kさん
「練習のある段階に来るとニュアンスが沢山感じられて、それを一つ一つ拾って
いくのが、宝物を見つけられた時のようなドキドキ感があります」
受講生の声をもっと見る

WORTE NEWS LETTER最新版 ダウンロード
恵矢 第一詩集『DANCE AGAIN』アマゾンにて発売中

WORTEの催し物

1. 冬のお話し小箱 12/3(日)14:00-16:30
ヴォルテの養成クラスで長く学んだストーリーテラーたちのお話し会です。(対象は大人です)
続々とお申込み、ありがとうございます。残席、8名様となりました!


参加費 無料 
場所 鵜の木近辺(お申込み後、詳細をお伝えします)
日時 12/3(日)14:00-16:30(部分参加可能です)


ご来場の皆さんに
『言葉と「ジブントリセツ」について』
特別無料プレゼント!!!

通常の養成クラスでお話ししている内容が入っています。
インターネットで4,980円で販売していくものです。

スタッフにも「え~!?プレゼントしちゃうんですか?」と言われましたが
コミュニケーションに悩む方に、朗読をベースにして
悩みが強みに変わるコツをぜひぜひお伝えしたく
私の決意はかわりませんでした。

安心してください!
昨今、コミュニケーション、ことばの悩み、不安はどなたもお持ちです。

ヴォルテの養成クラスでの講義は
声の悩みがメンタルとつながっていること
その対処法が具体的で、即効性があります。

それらをできるだけ多くの方にお伝えしようと
普段から思っています。

今回、ご来場の方にお渡しすることにしました。
この内容の無料配布は今回限りです!

さらに終了後、
恵矢との無料茶話会があります。

みなさんのコミュニケーション、
ことばの悩みを伺い、スタッフとともに

グループコンサルティングをいたします。
こちらも無料です。お席に限りがあります。


お申込みは今すぐ!⇒http://keiya.com/contact

2. 大人のための朗読会 vol.3 12/9 and 12/10 

ヴォルテの上級ストーリーテラーたちが繰り広げる
こころ、ふるえる、朗読の時間。

場所 ケイヤスタジオ(尾山台駅より徒歩1分)
出演
 井口恵
 堀井日出子 
 長谷川裕美(青空文庫朗読コンテスト本選出場者に選ばれました)

前売1,000円 当日1,200円


既成の朗読を大きく超えた朗読。
声で空間が立ちあがる、空間造形。
恵矢もゲスト出演します。

無料プレゼントもご用意しました。
『人間関係が変わる3つのことばのレッスン」

冬のお話小箱とは違う内容のプレゼントです。
こちらも4,980円で販売していくものです。
ここでしか配布いたしません。
どうしても欲しい方には後日販売いたします。

12/10は満員御礼!
12/9土曜日のお席がわずかに空いています!

お申込みは今すぐ!⇒http://keiya.com/contact


3. 恵矢の朗読ライブ PIECES vol.10 ことばの花束
2017年7月1日(土)19:00~20:15 無事終演!

いつもの詩の世界にくわえて、今回は特別企画6月中旬発売の『ヒーロー ~家族の肖像~』恵矢翻訳出版記念として、本書から一部抜粋朗読します。
Paul Celan(パウル・ツェラン)の詩をドイツ語と日本語で朗読。
観客参加の即興での詩の朗読もいたします。様々な詩を、様々な読み方でお届けします。言葉の花束が最後にみなさんに届きますように!









 



4. 早川書房の人気SFシリーズ 宇宙英雄 ローダン・シリーズ 発売中!
恵矢(新朗 恵あろう めぐみ)訳『致死線の彼方』(554巻)
2017年からローダン・シリーズの訳者に加わりました。
554巻には長いあとがきがあります。
500巻越えているので、新たに読む方はひるんでしまうかもしれません。
ちょうど、550巻からが区切りになっています。
そして、読むと人類(テラナーと呼ばれています)たちの良いところに
痺れてしまいます。

たいていの書店には並んでますので、ゆるゆる脱力、だけど、盛りだくさんの拙後書きだけでも、ぜひお手にとってくださいませ!

翻訳作業から、また皆さまにお伝えしていきたいコンテンツ、
出てきましたので、お楽しみに!
翻訳とは、伝えるために移していく作業。
言葉のリズムや、口調、言い回しを精査していく作業。
言葉との関わり、
話し言葉も、
コミュニケーションも、
実は……
すべて翻訳!
 
5. 6月中旬 『ヒーロー 家族の肖像』好評発売中!
恵矢(新朗 恵あろう めぐみ)訳『ヒーロー 家族の肖像』が西村書店から販売されました。

定価1.500円 著者はロート・レープ 日本に紹介されるのは今回が初めてです。ユーモアと人間観察の鋭さ、繊細さで大胆なストーリー展開が持ち味の作家で、ドイツでも固定的なファンがたくさんいます。

画家、造形作家としてもご活躍中です。ドイツ語ですが、美しい絵が見られます。

お父さんが癌だとわかり、家族に波紋が広がります。5人兄弟たちはどうするのか? お父さんの最後の贈り物とは?

本屋さんに並んでいます!是非お手に取ってみてください。

下記コピー、拙案を採用いただきました!

死ぬこと、生きること、わかりあうこと、
愛することー

人生で必要なことのすべてがここにある

本当にその通りの本です。

文化通信6月28日書評欄で紹介されました。





夏のお話発表風景 
IMG_3965  IMG_3984  

新着情報

2017年8月5日 「言語造形人間学~多読を生かすのに必要なものは?~」を更新しました
2017年8月20日 「言語造形人間学 ~ノートを見せてください!~」を更新しました
2017年8月26日 「言語造形人間学 「お客様(聞き手)は、最初か、最後か?」」を更新しました
2017年9月2日 「言語造形人間学 ~成功するにはジブントリセツ!~」を更新しました
2017年9月10日 「言語造形人間学 ~それ、こだわりだって知ってますか?~」を更新しました
2017年9月17日 「言語造形人間学 ~成長を妨げる落とし穴は○○と○○~」を更新しました
2017年10月23日「言語造形人間学~モヤモヤは追いかけてくるサイン!~」を更新しました
2017年11月2日 冬のお話し小箱のご案内、大人のための朗読会を更新しました