言語造形家・詩人の恵矢です。

声の悩み、ことばの悩みに向き合うWORTE

WORTEで学ぶ言語造形受講生の声をもっと見る

新しいアプローチの話し方教室です。
伝わることば・表現を体系的に学べます。
読み聞かせ、ふだんのことばを言語造形をベースに学び直せます。ストーリーテラーとして活躍している方もいます。

声が変わった
人生が変わった
家族関係が変わった
子供たちが「お話の人だ!」と声をかけてくれる
などのお声をいただいています。

 

 

淡々とにお困りの声がヴォルテ立ち上げのきっかけ

「自分の声が好きではないんです」
この仕事を始めたころ、そんな告白を受けたことがあります。
幼児教育における読み聞かせでは「淡々と」という言葉が一人歩きしていました。

「お話の時間になると、園の子供たちが聞いてくれない」
「お話に夢中になり、『淡々と』ではなくなってしまう」

言葉の専門家として、お悩みの声にお答えしたくてヴォルテを立ち上げました。
お話は映像を見ながら読むのがもっとも「お話」らしく、そのとき人は自然と「淡々と」話します。
ところが「動き」のタイプと「映像」のタイプの人がいます。
「映像」タイプは映像を見て話せるのですが、どの文も同じに話すので
子守唄のようになりやすく、「動き」の方は映像を見て話すことができず、登場人物のセリフを
つい劇的に読んでしまいます。講座を始めてみると、船漕ぎの動作をする人、重心が落ちすぎている人、母音を押して話す人、舌が出る人等いらっしゃり、こうすればいいですよとお答えしていくことができました。それがヴォルテの始まりでした。
出会った方々にレッスンで向き合う20年で生まれたのが、ヴォルテのレッスン体系と100を
超える言語造形練習文でした。ここは体系的に言語造形を学べる、世界でも珍しい場所です。言語造形をベースに、ご自分をリバランスし、ストーリーテラーになれる場所。それがヴォルテです。

動きの人と映像の人

淡々とにお困りの声がヴォルテ立ち上げのきっかけ みなさんはご自分がどちらか、ご存知ですか?
どちらか知ると、話し方も対人関係も変わってきます。
映像と動きのタイプでは、
重心も声の質も物事の取り組み方も違うからです。
動きタイプには多血質と胆汁質の方が多く、
映像タイプには粘液質と憂鬱質の気質の方が多いです。
 

お一人ずつに合わせたステップ

淡々とにお困りの声がヴォルテ立ち上げのきっかけ ヴォルテでは各自に合わせて、ステップを作成しています。
動きと映像タイプだけではなく、気質、神経系・血流系の
母音の強弱、意識の位置、重心の位置、
腕と頭の位置や腕と体幹の位置、舌の状態など、
多くのことばの構成要素にその人のあり方が現れ、
同じ人は一人もいないからです。
 

伝わる喜びと手応え

淡々とにお困りの声がヴォルテ立ち上げのきっかけ 「話すことは楽器と同じで、習った人しか、人前で話すことはできない」
とシュタイナーも言っていますが、ヴォルテには講義もメソッドもあり
きちんと学ぶことができます。

ピアノや歌と同様、ことばを極めていくことも可能です。
学び始めると、聞き手に伝わる手応えがあるので、楽しさも倍増です。
上級者たちは、幼稚園、小中学校、老人ホームなどでお話を依頼され、
一度伺うと、繰り返し招待されています。

言語造形をベースにストーリーテラーを目指すスクール。
声の悩みにこたえ、ことばの力を見出す場所。
それがヴォルテです。

また、ヴォルテの大きな特徴は、ご入塾いただいた方の多くが、
5年10年とたいへん長く学んでいらっしゃることです。
スタジオは尾山台駅から徒歩1分です。現在定員に空きがあり募集中です。また単発のワークショップも開催しております。体験レッスンお話し会恵矢のライブ「PIECES」へ、ぜひ一度、お越し下さい。

体験レッスンについて レッスン風景を見てみる

受講生の声

目黒区 Kさん
「二年目に入りヴォルテの専門用語の意味がどういうことかわかってくると、
とても楽しくてワクワクしています」
渋谷区 Kさん
「練習のある段階に来るとニュアンスが沢山感じられて、それを一つ一つ拾って
いくのが、宝物を見つけられた時のようなドキドキ感があります」
受講生の声をもっと見る

WORTE NEWS LETTER最新版 ダウンロード
恵矢 第一詩集『DANCE AGAIN』アマゾンにて発売中

WORTEの催し物

1 恵矢の朗読ライブ PIECES vol.10 ことばの花束
2017年7月1日(土)19:00~20:15 無事終演!

いつもの詩の世界にくわえて、今回は特別企画6月中旬発売の『ヒーロー ~家族の肖像~』恵矢翻訳出版記念として、本書から一部抜粋朗読します。
Paul Celan(パウル・ツェラン)の詩をドイツ語と日本語で朗読。
観客参加の即興での詩の朗読もいたします。様々な詩を、様々な読み方でお届けします。言葉の花束が最後にみなさんに届きますように!












2 6月中旬 『ヒーロー 家族の肖像』出版
恵矢(新朗 恵あろう めぐみ)訳『ヒーロー 家族の肖像』が西村書店から販売されます。定価1.500円 著者はロート・レープ 日本に紹介されるのは今回が初めてです。ユーモアと人間観察の鋭さ、繊細さで大胆なストーリー展開が持ち味の作家で、ドイツでも固定的なファンがたくさんいます。
画家、造形作家としてもご活躍中です。ドイツ語ですが、美しい絵が見られます。

お父さんが癌だとわかり、家族に波紋が広がります。5人兄弟たちはどうするのか? お父さんの最後の贈り物とは?



文化通信6月28日書評欄で紹介されました。


3 お話し小箱 2017年12月3日(日)塾生たちのお話し会 
10名前後の精鋭たちが、大人のみなさまにお話しいたします。
open 13:15 start 13:30 close 16:30ごろ
場所 溝の口駅近辺の公民館
参加費 無料
18歳以上(大人)対象です



夏のお話発表風景 
IMG_3965  IMG_3984  

新着情報

2017年6月24日 「言語造形人間学~舌足らずについて~」を更新しました
2017年6月28日 「書評で紹介されました」を更新しました
2017年7月1日  「言語造形人間学~声が高すぎると入眠障害に?!~」を更新しました
2017年7月3日 「PIECES vol.10 ライブレポート」を更新しました
2017年7月23日 「言語造形人間学 ~夏の不調には~」を更新しました