言語造形人間学 ~静けさに耐えられない子供たちとその理由~

言語造形人間学 ~静けさに耐えられない子供たちとその理由~

2017年03月12日(日)

言語造形人間学 ~静けさに耐えられない子供たちとその理由~

人は集中すると静かになります。
子どもは特にそうで、面白いとシーンとします。
と言っても、密度のある静寂さですよね。
食い入るように聞いていたり、作業に熱中します。

でも、そういう時に限って、
騒ぐ子どもがいることがあります。
静けさが耐えられないのです。

静かだと、あまり楽しくない家のことと向き合わないとならない。
そう言った外的要因でしんどいことがある時、
子どもはこのようなしーんとする静けさを乱そうとして、騒ぐのです。

皆さんの中で読み聞かせをしている方もいらっしゃるでしょう。
すると他の子供たちはシーンとして聞いているのに、
笑い出したり、騒ぎ出す子供がいるかもしれません。

それはたいてい、その子のピンチのサインです。
何も出来ないかもしれませんが、それを知っておくだけで違います。

大人は子どもほどには、外的要因に左右されないでもすみますが、
大人でもそういう方はいらっしゃいます。
きちんと話そうとするとはぐらかす方、などです。

というわけで、騒ぐ子どもには原因があります。
ほかにもいろいろなサインがありますが、今日は1つにとどめます。

良い週末をお過ごしください!



«   |   »

  |