言語造形人間学 ~これで読み聞かせが決まる!あなたは映像?動き?~

言語造形人間学 ~これで読み聞かせが決まる!あなたは映像?動き?~

2017年03月18日(土)

言語造形人間学 ~これで読み聞かせが決まる!あなたは映像?動き?~

言葉を学ぶとき、そして声を探すとき、
何よりも大事なことがあります。
それが映像のタイプか、動きのタイプかを知ることです。

みなさんの周りを見回してください。
すべては映像、ビジョンとして皆さんの前にあります。

世界とのかかわり方が身体的に決まっている
映像を見たとき、映像を見続けるタイプと、その映像になろうとするタイプがあります。
世界が映像だとすると、
世界とのかかわり方が以下の二つなのです。

1 じっと見ている人 そしてその映像を見ながら、描写することで人に伝えようという身体性を持つ人

2 その映像になろうと体が動き始める人

もちろんミックス型の人もいますが、
入り口が映像、あるいは動きの人、と必ずわかれています。

なぜどちらかを知ることがそんなに大事なのでしょう?
重心が違います
話しているときの身振りの多さと大きさが全く違います
声の響き方も違います
ことばの選び方も違います
時間の流れ方も違います
物事へのアプローチの仕方も違います

何もかもが違うのです。
言葉を通して、映像を描こうとするのか、
言葉を話しながら、映像になろうとするのか。

講師と生徒さんのタイプが違うと・・・
だからどのタイプかで注意することも、教え方も違います。
講師が動きの人で、生徒さんが映像の人の場合、
自分と同じようになることをレッスンしても、意味がありません。

読み聞かせでも、ご自分のタイプは重要です!
また読み聞かせでも、映像の人は淡々と話すのは簡単ですが、
その代わりに話し方が一様になりやすく、睡眠効果が発揮されてしまいます。
映像の人は、メリハリをつけなければなりません。

動きの方はついつい登場人物に変身してしまいます。
怖いおばあさんを熱演しすぎため、
幼稚園児がお話し会の会場だった体育館に
入れなくなってしまったという話を聞いたこともあります。

今回の初心者のための3回講座では、
「し~を入れる」をマスターしていただくのと同時に
ご自分がどちらなのか、
他の人がどちらなのか、随時説明していきます。

5月6月7月、月に一度の講座で、
ご自分の声を見つけませんか?
きっとその糸口が見つかるでしょう。


先着10名様までの、限定クラスです。

お名前、年齢、ご職業、性別、ご希望のクラスをご明記の上、こちらからどうぞ。
詳細は以下のページにあります。
keiya.com/trial



«   |   »

  |