ヴォルテでシュタイナー思想が腑に落ちて、日々の生活でも人生でも手ごたえを得る

ヴォルテでシュタイナー思想が腑に落ちて、日々の生活でも人生でも手ごたえを得る

2018年02月03日(土)

シュタイナーって、
皆さん、難しいっておっしゃるんですよ。
わかりづらいですね。

ヴォルテはシュタイナーの声とことばのレッスン、
(言語造形といいます)
そのスクールです。

それも養成ではなく、一般の方が
集中的に学ぶスクールです。

私が18歳で単身渡独して、
スイスでドイツ語で言語造形(演劇や朗読)を学んで
ドイツやハンガリーで教えたあと
日本で20年近く教えきました。

ヴォルテの生徒さんたちには色んな方がいて、
先生をしているほどシュタイナーに詳しい人もいれば、
あまり知らない人もいます。

みなさん、こう言ってくださるんです。

「ヴォルテにきてシュタイナーがはじめて
 腑に落ちた」

「自分に不安があったけれど、自信がついた」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆シュタイナー思想が体験をとおしてわかる場所、
それがヴォルテ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もったいないと思うんですよね!

せっかくシュタイナーに出会って、
「これだ!」と思っても
実のところ、難しくてよくわからないまま、
年月だけ、たってしまう。

周囲の人にも、良さを伝えられない。
そのレベルでしか理解がないって、
もどかしいですよね?

ちなみにエーテル体、アストラル体、自我と
人間の4つの身体を教わったり、
シュタイナー思想を学ぶと、
いろんな専門用語がでてきます。

ふつうのシュタイナー系の勉強だと
専門用語を講義で聞くだけ。
ただの言葉です。

ヴォルテの言語造形だと、
エーテル体を使った話し方、
アストラル体に強くスイッチを入れて話す、
などをしています。

とにかく実践、具体的、かつ論理的なのは
私自身が、シュタイナー思想の本場、
スイスのドルナッハで、
シュタイナーの孫弟子にあたる先生方から
言語造形を学んできたことも大きいです。

とっても個性的な先生方でした。
そんな話も講義でちらほらします。

ドルナッハって、不思議で
素敵な場所ですよ!

その要素を抽出して、皆さんにお伝えして
「ここ、日本でもやっていこうよ」
「自分の日常で再現可能ですよ」
とレッスンしているんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆言語造形ディスティルコースは
 「現代を人間らしく生きるため」の集中コース
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月から始まる3ヵ月間の言語造形ディスティルコースって
ここでその話をすると
「宣伝かぁ」って思うと思うんですよね。

でも、これ、本当にいいレッスンで
皆さんの人生が、受講前と後では、違ってきます。
日本だけじゃなく、世界でも珍しい内容になっています。

シュタイナー思想をレッスンにまで落として
具体的に一人一人が変化・変容していける。

かつ論理的に講義として、説明もしている。
シュタイナー自身、修行について述べるとき、
きちんと論理も教える大切さを述べています。

でも実際は……
そういう伝え方をしている人が少ないです。

論理と実践。

現代はこの両輪が大事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆「現代を人間らしく生きる」ためには
  コツがいる!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのために必要なレッスンと講義を抽出しました。

20年教えてきたレッスンの中から、
4つだけ、大事な言語造形練習文を抽出しました。

その名もBASIC 4(ベーシックフォー)

自分で、日々を整えていけます。

子音の意味、効果、
どんな時にどんなふうに使うのか?
講義もあります。


このレッスンの背景にあるシュタイナー思想も
きちんと、体系だって講義します。

シュタイナー思想の中でも、一生役に立つ考え方を
特別に抽出した講義です。

レッスンで体験したことを講義するから、
わかりやすさ、リアル度が全然違います。

20年、延べ1800名ちかい受講者を
レッスンしてきたので具体例も豊富です。

ディスティルコースの開催は
実は何年もしていくことは、
実は予定していないんです。

だから、ピンときた方は、すぐに講座に参加することを
おすすめします。

詩人、ドイツ文学翻訳者の仕事もあり
言語造形の分野でも、
ヴォルテ養成クラスに注力していきたいので
ずっと初心者の方のためのディスティルコースを
私自身ができるかどうか
申し訳ないんですが、確約できないんです。

今年は確実に開催します。
そして、全レッスン私がします。

そんなわけでピンときた方は
2月に開催する体験説明会に
お越しください。

残席が少なくなってます

お申込みは今すぐ、こちらからできます
⇒体験説明会へ



«   |   »

  |