日常の1シーンを言語造形的に考察 逆パターン

日常の1シーンを言語造形的に考察 逆パターン

2018年03月30日(金)

こんにちは、恵矢です。

さて、今回も立ち話を例にとりましょ。

今日は「え、え、聞こえないよ~」という
タイプについて、お伝えしますね。

前回とは逆パターンです。

~~~~~~~~~~~
◆距離をあけるタイプ
~~~~~~~~~~~
相手からの距離を必要とするので、
ちょっと距離をあけたいんですね。

でも
声が小さい方に多いです。

声が小さいうえに、
距離をあけようとする(^^;)

「え? え? 聞こえない……」
(相手の心の声)


声が小さいこと 
距離をあけようとする


この二つは
言語造形人間学的(ヴォルテの専門用語))にみると
かなり関連してます。

同じじゃないですけど。

参りますよね~。
でも、そういうもんなんです。


声が大きい人は
迫ってくるし

声が小さい人は
離れようとする(^^;)


でもヴォルテのレッスンを受けているうちに
変わってきます。

どうしてそうなってるのかも理解できるし、
ほかの人のことも理解できるようになるし、
なにより、自分が変われます。

そうなると、人生ガラっと変わりますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆このタイプの方が周囲にいる方へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「え、聞こえないよ」というと
委縮してしまいます。

時間がかかりますが、
楽しく、自信がもてるように
環境、関係をつくっていくのが
一番ですね。

ご本人がこのタイプの場合、
なにができるかは、
メルマガの無料メールレッスンにてお伝えしています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料メールレッスンをどうぞ♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料レッスンでは、
声が小さい自覚がある方は
どう日常を過ごすといいのか、
お伝えしています。
(15通目です)

 

3日に一度、声とことばの言語造形レッスンを
半年間、お届けしています。
無料です。


・シュタイナーに出会ったけど、
 どう深めていけばいいのかな?

・このモヤモヤとことばって、関係あるのかな?

・シュタイナー思想に基づいた
 声とことばのレッスンって、あるのかな?


あります。


それが言語造形なんです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シュタイナーの言語造形をしたことがある方が
10.000人を目指してます♪
大人が元気になれば、自然と社会は変わっていく。
ことばから、現代社会にナチュラルアプローチ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヴォルテの言語造形を体験するだけでも、
「よかった!」
「2時間をしっかり構成されていて、
 ちょっとした話まで面白かった」
と人気です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆4月の体験説明会 ご案内
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月1日(日)10:30-12:30
4月7日(土)15:00-17:00

写真もたくさん
http://keiya.com/trial

今年開講の講座、だんだん埋まってきています。
お申込みはこの体験説明会にご参加してから、
となっております。

お申込みはこちらからすぐにできます
希望日を明記のうえ、送信ください。

 



«   |  

  |