fbpx
「ことばは子どものごちそう」!

「ことばは子どものごちそう」!

2018年06月29日(金)

こんにちは。シュタイナーのことばの専門家、
恵矢です。

実はわたし、この分野の専門家として、
あることをとっても懸念しています。


日本ではシュタイナー教育がかなり受け入れられています。

でも、きちんとドルナッハで学ばれた方が少ないためか、
ある教えが少し誤って広まっているんですね。


今日はその誤解について書きたいと思います。


◆ことばは、魂の栄養。子どもにとってのごちそうです!

さて……
私たちは毎日ことばを使っていますが、
音としての言葉をちゃんと学んだことがありません。


そう、音としてのことばこそ
シュタイナーの言語造形で一番大事なことなんです。


一言でいうと「ことばは子どものごちそう」です。


この記事を読んでるみなさんのなかにも
「読み聞かせ」をなさっている方は多いと思います。


みなさんの読み聞かせは「ごちそう」
なっていますか???

ふだんのお子さんとの会話が、
お子さんにとって
「ごちそう」になっていますか???


ことばは、子どもたちの魂だけではなく、
身体も育みます。

この世界をどのように感じていくのか、
つまり世界との懸け橋なんです。


この世界をどのように感じ、
自分をどのように育むのか。

そのための大切な糧が、ことばです。


ことばは魂と身体を育み、
そして子どもと世界との関係そのものなんです。


だから私は声を大にして、言いたいのです。


みなさんが発することばは、子どもたちにとって、
滋味ゆたかなごちそうになっていますか?

 

でも、あなたがどれだけことばが大事だと思っても
お家で読み聞かせに取り組んでも……

一人でしていると不安になったり
これでいいのか思案してしまいますよね。

その気持ちは、本当によくわかります。


とくにシュタイナーのことばの専門家として
「問題だなあ」と思っていることがありました。

冒頭で述べた、ある誤解が広がっているということです。


それが「読み聞かせは淡々と」です。


子ども達へのことば教育で語られる語に「淡々と」があります。

シュタイナー教育では判で押したように
「淡々と」と言われています。


えー!!

私は正直言って、すごく驚いています。


シュタイナーが、ことばをどう捉えたのか、
全く勉強していない人たちの発言が広まってしまったのです。
なんでそのようなことになってしまったのでしょうか??

専門家として私が危惧しているのは
合ってる/合っていない、ではありません。

合ってはいるのです。しかし危惧する理由が2つあります。


1 「淡々と」は誤解をまねく

本当に誤解を招く表現なんです。

「淡々と」と聞くと、パッとイメージがわきます。
でも人によって、イメージすることが違うからです。

実際、こんな悩みごとが私のもとに届くようになりました。


「能面のような顔で読むのかと思ってました……」


「本を読み聞かせしている間に、自分が楽しくなってしまって、
そのたびに『あ、淡々とだった』と反省してしまって、
どう読んだらいいのか、わからなくなってしまいました」


などなど。

能面のような顔でしてもらうお話が
ごちそうになるでしょうか?

どう話したらいいのか、不安に思っている人がするお話しが
ごちそうになるでしょうか?

残念ながら、ならないんです!!


読み聞かせは「淡々と」と言われ、
また本にもそう書かれています。


たしかに合っています。

しかし、シュタイナーによることばの芸術、
言語造形の専門家として
私ならこのことばは使わないだろうと言えます。


「淡々と」という言葉は
実際にお話をしてみるとイメージと噛み合ないのです。


2 ひとり歩きしやすいから

もう一つの問題点は

「ああ、シュタイナー教育では読み聞かせは淡々とね」

と、ある意味、わかりやすい教えであるため、
この間違った考え方が簡単に広がりやすいこと。


しかも、取り入れやすくもあります。

しかし、この「淡々と」という言葉へのスタンスは、
シュタイナーのことば観からは程遠いのです。


◆これ以上、誤りを広めないために

この2つの理由から、
私は「ことばは子どものごちそう」
というシリーズの講座を開きました。


いまから21年前のことです。


そしてそれが、日本で唯一の言語造形スクール、
ことば塾WORTE(ヴォルテ)の始まりとなりました。


「ことばは子どものごちそう」をスタートして、
1年ほどたったころ、自宅に手紙が届きました。


「真夜中のキッチンで、これを書いています」
こんな書き出しでした。
どうしたんだろう? そう思って読み進めました。


「ことばは子どものごちそう」は3回のシリーズ。

3回目の最終回で、
その日のテーマは「人が人に触れる」でした。

その参加者の方からのものでした。読み進めていきました。

その手紙をご紹介します。


◆参加者の手紙
「体ごと変わる、シュタイナーのことばのレッスン」


真夜中のキッチンで、これを書いています。
家族が寝静まって、やっと静かになりました。
今日のレッスンの衝撃が今も体にあります。


いままで、シュタイナーの勉強会や読書会に出て
シュタイナーの本を読んできたんですけど……。


シュタイナー教育って、なんだか本を読んでもわかりづらい。

同じところを何回読んでも、
頭の中に入らないわぁという感じなのですが、
今日の午後、全部変わった気がしました。

ペアの橋本さんが、目隠しをした私を声で導いてくれました。
その後もずっと目隠しをして
ペアが部屋のなかのいろいろなものに触れさせてくれて
不思議でした。水に触わらせてくれたとき
まるで「水」そのものがわかったかのようでした。


一番最後、椅子に座った私のもとにスプーンに食べ物をのせて、
橋本さんが私のもとへ運んでくれました。
数分、目隠しをしていただけなのに
私は全部が触覚器官のようになっていました。
目隠しをしたままなので、強烈でした。


しょっぱくて、そのしょっぱさが全身に響いて
体がねじれそうで、それが今も残っています。


今日の講座は、一生忘れません。

なんだか、大げさですね。

でも、たぶん、一生忘れません。
小さな子どもがどんなふうに世界に触れるか。

体験できました。


「だから、ことばは大事なんですよ」

そう言って、にこりと笑った恵矢さん、一生、忘れません。

思い返すと、初日は気質のワークで
あの日から変わっていきました。

うちの子があんまりゆっくりなのが、
気にしないと言っていても
正直に言うと気になっていたのです。


あのワークの体験以来、声かけが変わりました。
頭では「速くして、なにやってるの?」
なんて言ってはいけないって
わかってたけど、イラッとしてました。


それに下の子は胆汁気質で言い返してくるから
「素直じゃない」なんて言ってたんです。

でも、そうじゃないって、腑に落ちたワークでした。
腑に落ちたって言うか
体も心もブルブルに揺さぶられて、
体ごと変わった感じです。


「受ける前と後では、人生が違う」
って体験した人が書いていて
「そうかなあ」と思って参加したけど
(すみません、でも本当にそうだったんです)
本当に人生が違います。


ありがとうございました。
明日は寝不足だけど、なんだか嬉しいです。


香川 啓子

 

 

◆たくさんのお手紙

お手紙を読んで、シュタイナーの遺した言語造形のすごさが
伝わるでしょうか?

香川さんが送ってくださった手紙だけではありません。


「ことばは子どものごちそう」という3回シリーズの講座の参加者からは
講座でアンケートをお配りしているにも関わらず
あとから、ハガキ、手紙、メールが届きました。


10年以上たっても、届くのでした。
先日も、メールが届きました。

「講座で使ったお話しのコピーを千葉県から、
 岡山に引っ越したけれど持っています。
 そのくらい忘れられない講座でした」

そんなメールでした。嬉しかったです。

 

◆日本に戻り、私は動き始めた

私はシュタイナーの言葉の芸術、言語造形をドルナッハで学び
ハンガリーやドイツで教えた後、日本に戻ってきて、
言語造形を日本のみなさんにお伝えしようとしていました。


「ことばは子どものごちそう」は
一番最初にした講座でした。

「お話しは淡々と」の言葉に翻弄され
悩むお母さんがたのために
私はこの講座をつくり、
ヴォルテを立ち上げました。


あれから、21年がたち、
延べ1800名以上の方がヴォルテで学びました。


この講座は2000年から2008年にかけて開かれ
のべにして300名以上の参加者がありました。


アンケート以外にもたくさんのお手紙をいただいた
人気の講座であり、ヴォルテの始まりの講座でもあります。

 

◆講座の前に知って欲しい、ルドルフ・シュタイナーのことばの智恵

私自身の正直な想いとしては
シュタイナーを学ぶならすぐにでも
言語造形を通してシュタイナーを体験して欲しいと思います。


シュタイナーの遺してくれた
言語造形の講座に出ていただきたいと思います。


でも、すぐにそんなアクションが
とれる人が多くないこともわかっています。


だからこそまずは無料メール講座で

「シュタイナーが教えてくれた本当の自分で生きる9つの知恵」

を学んでみてはいかがでしょうか。

無料でも、一切手抜きなしの内容です。


そして何より、すぐに日常生活に役立つものばかりです。

とくに言葉の悩み、人間関係や
コミュニケーションの悩みに利用できる智恵がつづられています。


たとえば、次のような「ことば」の悩みを
持たれている方に適しています。


✔声が小さい、声がこもる。自分の声が好きじゃない。
 だから、声や話し方を変えたい。

✔言ったつもりのことが、伝わっていない

✔子どもの話し方が気になるけれど、どう治していいのか悩んでしまう。
 もしかして、私の話し方のせい?

✔いつも余計なヒトコトを言ってしまい、後悔している。

✔人といても、何を話したらいいのか、わからない。

✔自分はちゃんと話しているつもりなのに「話がわからない」って言われる。

✔「言い過ぎたかな?」って後悔したり、反省したり。いつも後から、気づく。

✔人前で話すといつも上がってしまう。
 PTAとか役員が回ってきたらどうしよう!

✔他人の目や、他人の評価が気になる。自分らしさってなんだっけ。

✔夫や子供にキレてしまう。これも言葉と関係があるの?

✔話そうとしても、考えがまとまらない。これも言語造形で学べるの?

このような現実的生活においても役立つのが、
ルドルフ・シュタイナーの遺してくれた智恵なのです。

まずはご自身の身近な問題に役立ててみてください。


メール講座も特典もここでしか読めない内容です!

「シュタイナーが教えてくれた本当の自分で生きる9つの知恵」

登録特典PDFもあります!
 

 「思い通りに伝わる言葉の使い方 
   ~”「カ行」の力”を使いこなそう~」

 今すぐメールアドレスを書いて、読んでみる!!
            



«   |  

  |