講師・恵矢のプロフィール

講師・恵矢のプロフィール

keiya2 13歳の時 『ミュンヘンの中学生』という本に出会う。
この本に出会い、シュタイナー学校の生徒になりたいと思いました。受験校に通っていましたが願いを捨てきれず、高校3年になると早朝のアルバイトをし、夜はドイツ語を学び、渡独を準備しました。
1989年 卒業式を待たずに単独ドイツへ
卒業させてくださったばかりか、カメラをプレゼントしてくださって多大な理解を示して下さった先生方には感謝でいっぱいです。渡独後はシュヴェービッシュ・ハルのゲーテインスティテュートで半年、ドイツ語を学びました。
1989-1990年 南ドイツ ユーゲントゼミナール(Jugendseminar in Engen)へ
「18歳は年をとりすぎで、シュタイナー学校の生徒にはなれない」と言われ、愕然としましたが、この学校を紹介され、ここで言語造形に出会いました。今でも初めてのレッスンで受けた「すごい!」という感覚を覚えています。全寮制でスケジュールが詰まっていたのですが、暇があると言語造形の練習をしたり、図書室でシュタイナーの箴言集を書き写したり、言葉が好きでした。
1991年-1996年

スイス・ドルナッハの言語造形・舞台芸術アカデミー(単科私立大学) に入学 オーディションに備え、半年前から住み込みの仕事でドルナッハに移り住みました。入学後は毎週のように演劇やオイリュトミー公演を見たり、理事が学校で講座を受け持ってくれたり、ゲーテアヌムの大ホールも空いている時に稽古ができたり、恵まれた環境でした。青春を過ごした場所です。ゲーテアヌムのインフォメーションデスクでアルバイトしていたので、各国のいろいろな人に出会いました。

1995年 日本で言語造形のワークショップを開始
1996年 言語造形家(Sprachgestaltung)ディプロマ取得

フライブルグ ゲーテ・インスティトゥート ドイツ語資格ZOP取得(Sehr gut)

1997-1998年 ハンガリー ブダペストへ

オイリュトミーアカデミー、私立ヴァルドルフ教育大学にて言語造形学科の講師

1998年 ドイツ,ビンゲンハイムの生活共同体へ3ヶ月出張

子供たちの治癒教育(言語造形の個人レッスン)大人たちとは自作の脚本を上演

1998年 ことば塾WORTEとKEIYASTUDIOを立ち上げる

ドイツ語と日本語は違けれど、言語造形として何が共通してるのか?と問い続けてきました。帰国後はワークショップや講座を作ることの中に答えを見出しました。

1999年 早稲田大学第二文学部入学(2003年卒業)

日本語と文学について学びました

2013年 尾山台スタジオ新設

公演

keiyaスタジオ31998年 ハンガリーとベルリン 朗読開始
ドイツ語詩のアンソロジー出版
2000年 Vol.1『揺らぐ炎』
2002年 Vol.2『橋をわたる』
2005年 Vol.3 “Tanz an der Peripherie”(境界線上の踊りベルリン)
これ以降、年に2回、春と秋に現地の詩人たちとベルリンで朗読会を行う
2011年 恵矢 朗読会vol.9『光の中で君は泣き』で日本での朗読会を再開
2015年 恵矢の朗読ライブ『PIECES』シリーズで二ヶ月に一度のライブを開始
2016年9月よりOpenMic SPARKE!!!!!を共同主催 連詩の会「Linked Poem Circus」を共同主催
   (翻訳の仕事が多忙のため、2017年3月 主催をおりました)

12歳より始めた詩をドイツ語と日本語で詩作
2014年 ドイツ語小説の翻訳を開始 2017年に出版予定
2016年7月 第一詩集『DANCE AGAIN』(土曜美術社出版販売)
   10月 歴程同人になる

ドイツ文学の翻訳(ペンネーム新朗 恵 あろうめぐみ)
2017年 西村書店 Root Leeb『HERO』夏ごろ出版 
    早川書房 SFローダンシリーズの訳者の一人になる 10月刊行からスタート

趣味

旅行です。温泉と美味しい食事でのんびり。箱根が大好きです。オーロラも見たいし、アフリカで野生の動物を見てみたいです!

 

お問い合わせ