受講生の声

受講生の声

15Aniv.お花1ヴォルテで学んできたことが、いつの間にかミルフィーユのように積み重なっていて、ヴォルテの時も仕事の時も家庭でも、私を支え、守って助けてくれました(Kさん)
大きな橋を渡ったような学期でした。こんな風にお話をすることができるとは、二年前にはまったく想像もついていなかったです。(Sさん)
コメントがいつも的確でびっくりします。こんなにも自分を見ていてくれる人がいるという事だけで、大満足です。(Kさん)
ここに来るといいのは、何ができないのかを指摘されるだけでなく、きちんと言葉にしてくれるところ。
どうしたらいいのか、自分がどこにいるのか、ステップが見えてくる。(Sさん)
Lesson5「ことばを学ぶ」ことは「自分を知る旅に出る」ことだと思います。漠然と自分自身に抱いていていた印象が、鮮やかに浮かび上がってきます。自分を知ることや自分を変えることは、ちょっと、いやかなりしんどいけれど、その先に見える何かに期待して学んでいます。(Hさん)
二年目に入りヴォルテの専門用語の意味がどういうことかわかってくると、とても楽しくてワクワクしています。
こんなに真剣に考えられたレッスンを学ぶ機会を与えていただきありがとうございます。(Kさん)
古参にも関わらず、遅々とした歩みをいつも支えてくれてありがとうございます(Tさん)
練習のある段階に来るとニュアンスが沢山感じられて、それを一つ一つ拾っていくのが、宝物を見つけられた時のようなドキドキ感があります。(Kさん)
受講生と4今年の講座、宝物庫の奥深くに眠り、幾重もの布にくるまれた秘仏を見せて、触れさせてもらっているように感じました(T.H)
先生からのコメントが、練習してきたからこのアドバイスをいただけるのかな、と楽しみに前向きに受け止められるようになったのが変化でした(Rさん)

幼児教育者のための出張講座

☆気付いていない所を教えて貰えると次への扉を自分で開けられるので嬉しいし、何よりも強制的でないのが私には合っていました。(K.M)

☆Hさんと、Iさん、Oさんの発表は1回目のその人たちの発表とは全く違っていました。3人の変化をはっきりと感じ、「自分を整えることとはこういうこと」だと分かりました。この体験がなければ、この講座で学んだことも知識としてしか残らず、私はきっと忘れてしまったと思います。(H.S)

3回シリーズの講座

☆「ことばは子どものごちそう」という講座名に惹き付けられ、どんな事をするのだろう?と好奇心が湧き起こりました。ことばを学びに来たのに、ことばでは表現できないものが入り込んできました。先生がおっしゃった通り、「その後の人生がまったく違う」(Nさん)

 

お問い合わせ