fbpx
すてきな素話の仕上げ方 vol.2

すてきな素話の仕上げ方 vol.2

2015年11月14日(土)
すっかり11月。曇り空や雨が多いですね。
本を見ないで、自分の言葉でお話を語る素話の方法、
続きをお伝えしますね。

前回はまず簡単なお話を選んで、「、」と「。」を守って
朗読したら、区切りましょうということでした。
区切ったら、タイトルをつける。
そこまでをご紹介しました。

今日はいよいよ、稽古です。
3つか4つ、多くて6つくらいに分けられるといいですね。
細かく分けすぎると、全体の流れがなくなってしまいます。

各場面ごとに稽古します
 
1 声にだして、一場面を読んでみてください
ここでも「、」「。」を守ってください。「、」には「、」の「。」は少し長めの間を与えてください。
これを守るだけで、急ぐタイプの方(動きの人)、ゆっくりの方(映像の人)の癖が出すぎて
お話を損なうことを、避けることができます。

2 2度目は情報抽出というステップ
  大切な情報にグリグリ印を付けます。
情報は「それなしにはお話が成立しないと、語り手が思うもの」です。

たとえば「桃太郎」のお話
「おばあさんが川へ洗濯に行くと、大きな桃が、どんぶらこっこ、どんぶらこ、と流れてきました」
で見てみましょう。
 
 この文章で情報としてグリグリしなければならないものは、
なんだろう?と考えてみてください。
 
 最初は全部に印を付ける方もいます。
でも「おばあさん」「川」「洗濯」「大きな桃」「流れてきました」に印をつければ、いいですね。
「おばあさん」「川」「桃」だけでも、桃太郎のお話は成立すると考えてもいいのです。

答えは自分で
私はよく講座で素話を人生に例えます。
先生から答えをもらって生きられないですよね。
答えは自分なんですね。
ご自分が必要と思ったら、グリグリその単語を丸で囲ってくださいね。
 
3 情報を消化する
WORTEでは素話をこう定義しています。
 「自分がよく知っていることを、伝えたいという気持ちを第一に、自分の言葉で話すこと」
 ということは、素話するお話を自分がよく知っていることに、していく時間が必要です。
 
実は前回のステップも今回お伝えしているステップも
すべて、消化(インプット)のレッスンです。

4 情報を自分のタイプで消化
 ふだんから早い人、積極的と言われる人は、動きの人の可能性がとても高いです。
そこで練習方法も動きの人のものをご紹介します。
おばあさんが川で洗濯している様子を、
自分で動きながら、演じてみてください。
腰をおろし、ゴシゴシ洗う真似をしてみます。ふと顔をあげると、大きな桃が流れてくる。
 
 ふだんから声が小さい、シャイ、のんびり、早くして!と言われている方は、
逆に映像の人の可能性がとても高いです。
映像を描くことは動きの人にはなかなかできないことで、
とても大切な言葉の要素です。それを活かしてお話をしましょう。
そのためにはこんなことを試してみてください。

座って、おばあさんが川で洗濯している様子を想像してみてください。

動く方法も、想像する方法もできれば二回はしてください。

ご自分がどちらかわからない方は2016年のワークショップの中の二日間以上行うものに
ご参加いただければ、お伝えできます。
 
5 消化した内容を、しゃべってみる
 タイプに合わせて、二つの消化方法をご紹介しました。
 ひとつの場面全部したら、
次はいよいよおしゃべりです。
ここからはアウトプット。表現のレッスンが始まります。
 
私たちは普段のおしゃべりでは、とても上手にしゃべっています。
白々しく話す人もいなければ、棒読みの人もいません。
そこで「です・ます体」ではなく、普段のおしゃべりの口調で、一度お話してみるのです。
 
あのね、昔、おじいさんとおばあさんが住んでいたのね。
いつものようにおばあさんが川に洗濯に行ったの。
ゴシゴシ、ゴシゴシ洗っていて、ふと顔をあげたら、おばあさんびっくりしたのよ。
大きな桃が、上のほうから、どんぶらこっこ、って流れてきたの。
おばあさん、思わずこんなふうに歌って、桃を呼んだの。
甘い桃なら、こっちゃ、こ。
そうしたら桃が、どんぶらこっこ、どんぶらこ、っておばあさんの目の前まできたの、
おもしろいねえ、おばあさんの言葉がわかったみたいなんだよ。
おばあさんは桃をもって、おうちへ帰ったの。
 
このおしゃべり、ぜひご自分の言葉で、考えてみてくださいね。
このおしゃべりを、最低3回はなさってください。
 
6 自分は何をしゃべっているのか、振り返る
 ふだんのおしゃべりと違うのは、素話では同じことを何度も稽古できることです。
ですから、振り返って、質の高いものにしていくことができます。
それには「自分のしたことを振り返る」これがコツです。

いつも歌を入れているなあ。
どんぶらこっこ、どんぶらこ、を入れてる。
など、自分が紙を見ないでおしゃべりした時に、
何を言ってるのか、振り返ってください。
 
ここまでで、もう1場面につき、何回もお話をしていますね。
つまりお話を何回も自分を通しています。

最初に声にだして読みました。
ぐりぐり情報を抽出するために、読みました。
思い浮かべるか、動いてみるかの方法の違いはありますが、二回、消化しました。
おしゃべりは3回しました。
 
こう書くととても時間がかかりそうですが、
次に何をするのか、ステップに慣れてしまえば
1場面、15分から20分もあれば、できます。
 
次の日に次の場面、と
一日に1場面から2場面ずつ稽古してください。
 
たいていの短いお話は4-5場面の構成ですので、
3-5日でだいたい全部おしゃべりできます。
いよいよ5-6日目になったら、最初から最後までおしゃべりです。
 
今日は少し長くなりましたが、
これで素話の仕上げ方の基本はお伝えしました。
ぜひこの週末に試してみてください。
 
次回は場面分け、
タイトル、おしゃべりの時のコツ、通す時のコツ、など、
細かいところをお伝えしていきます。
 
素話に是非トライしてみてください
素話は子供たちが大好きです。
というのも、絵本の読み聞かせ(こちらも稽古すると、しただけのことはあります)と違って、
最低でもこれだけ、語り手が稽古しているので、言葉がごちそうになっているのです。
 
自分次第でどうにでもなることの発見
稽古したら、しただけのことはある。
人生にはままならないことのほうが多いですが、
自分次第でどうにでもなる。そんな事柄もあるのです。
WORTEのレッスンでは、ご自分次第で、いくらでも上手になれます。

お話もしたら、しただけのことはあります。
ぜひ、トライなさってみてください。
 
 


«   |   »

  |