fbpx
人間関係を助けてくれる子音~ら、な、だ、た~

人間関係を助けてくれる子音~ら、な、だ、た~

2015年12月05日(土)
人間関係を助けてくれる子音~ら、な、だ、た~
人の悩みのほとんどは人間関係だそうです。
自分との関係も、人間関係のひとつととらえれば、
悩みのすべてが人間関係と言えるかもしれません。

悩みの多さを物語るのでしょう。
悩みや人間関係に関してのアドバイス本がたくさん出ています。

大切なのは距離と立ち位置
わたしは人間関係では距離、
そしてご自分がどこに立つのか、それが大切だと実感しています。
実はこれはストーリーテラーがお話するときにも
ほかのさまざまなテクニックの全てを超えるほど、大事です。


自分がどこにいるのか
どんな距離にいるのか
その距離を広げたり、近づけたり
その自由は相手にももちろんありますが、
自分にもあります。

そのことに気づかせてくれる
そして距離を作りだすこころの筋肉づくりに
役立つ子音を今日はお伝えします。

人間関係を司る子音たち
実は舌を使う子音がそれです。
ら、な、だ、た

立って発音 どこを使っていますか?
まず、立って、おっしゃってみてください。
ららら、ななな、だだだ、たたた

どこを使っていますか?
 
下の先が上の歯列と付け根の境目あたりに
舌の先端が触れていませんか?
 
それに意識してもう一度発音してください。
ふだん人は舌があることを意識して話しません。

さまざまに発音
ゆっくり大きく発音してみましょう。
らーらーらー
なーなーなー
だーだーだー
た、た、た
 
小さく早く軽く
ららら ななな だだだ たたた
 
柔らかく
音で赤ちゃんのお腹に触れるイメージで
 
 
固く カタカナのイメージで
 
 
できれば立って、すべてなさってください。
舌が活性化されます。
 
シュタイナーはいろいろな音の役割や効果について
話していますが、舌というのはとても大切です。
 
それは魂的な触覚器官です by Rudolf Steiner

具体例
私が言語造形家の耳でみなさんの発音を聴いていますと
さまざまな状態がこれらの音に現れています。
 
とにかく効率よく、機能していて、ある程度優秀だと思っている方は、
音がほろほろと抜けやすく、舌の形がまったくありません。
 
このケースではご自身はご自分を人と比べて上位だと思われていたのですが
魂的には人と比べて上とか下と考えること自体、いいことではありません。
 
あるいは突然舌が硬くなったり、どろっと溶けたように形がなくなったり、
脈絡なくする。そんな風に現れることがあります。
これは心の健康を考えると、わたしにはピンチに聞こえます。

何に触れているのか、自分がなにをしているのか、
人のことばかりを見ていて、
あるいはあまりにも忙しくて
自分のことを味わっていないので、そうなってしまう。

舌を使う音にはいろいろなことが現れ出ます。
それゆえに舌を使う音を個人レッスンすると
効果は大きいです。

レッスンでは
ら は水を司る子音Lを強めて発音し、その動きをしたり、
その動きで発音します。
そんな風にそれぞれの子音の動きと成り立ちを入れていき、
舌の先端の動きを繊細にしていきます。

さっそくなさってみてください
晴れた週末です。
ららら、ななな、だだだ、たたた
たったそれだけです。
10分お時間をとって、立って、さまざまに発音して
ご自分の舌を味わってみてください!
 
言語造形から見たことばの見直し、
母音や子音をレッスンし、意味を感じ、体験し
日常でできるコツをお伝えします。
さらに最終日には
みなさんの状態を拝見してマップを作成する
特別なワークショップを来年9/17,18に開催いたします。
詳細は以下です
 
 
シュタイナーのことばの音 その基本 全3回 86,400円(税込) 6名定員 3名以上で開講
 開催日 9/17日(土)10:00-16:00(休憩あり) 18日(日)10:00-13:00
1日目10:00-12:00 世界を呼吸。たっぷり感じる母音の世界 
1日目14:00-16:00 世界を知る。身体をつくる子音の世界 
2日目 言語造形家恵矢があなたの「ことばの身体」をチェック。マップ作成 
 
ことばの声は意識です。母音と子音の世界を体験し、その基本を身につけることで体も心も変わります。
最終日は恵矢が直接、お一人ずつを見る時間を設けるため3時間です。
言語造形人間学に基づいて、ことばの身体マップを作成。
お一人ずつを母音と子音、重心、身振りなどから解読する、言語造形の真髄のワークショップです。
 
 


«   |   »

  |