fbpx
日常はワンダーランド 小話のレッスン 5

日常はワンダーランド 小話のレッスン 5

2016年02月21日(日)

日常はワンダーランド 小話のレッスン その5
今週末は少し曇り空。春を迎えるために三寒四温の季節がやってきました。
みなさま体調管理にはどうぞお気をつけください。

さて、二分のお話には二つの出来事を話し、
それをつなげるようにするといいですと昨日お伝えしました。

みなさんは、二つの出来事、見つかりましたか?
いくつでも思い浮かぶけれど、どうやってつなげるのか?
出来事をつなげるような結びの言葉がむずかしい、など
感想があると思います。

今日は実際の生徒さんたちの例をご紹介します。

1つめの例
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小6の息子の話をします。
冬休みにお友達も誘って、山梨の妹のところにスキーに行きました。
シャトレーヌって言うんですけど、妹のところに泊まって出かけました。
そこで息子が直滑降をするんです。何回も何回もするんです。
クタクタになって、あーお腹すいた、って言うまで、ずーっと、直滑降、直滑降。

あー、もうバカだなあ、もう、本当に単細胞で、と思って見てたんです。

あれ、これどこかで見たことあるなあ、と思って、思い出したんです。

川に行ったとき、二メートルくらいの岩から飛び込んでたなあって。
夢中になって、岩に登っては飛び込み、登っては飛び込み、
それをずーっと繰り返してました。何回もして、「うー寒い」と具合が悪くなったんです。
見ると唇が紫になってました。

男子って、単細胞なんだなあと思って。
でも夢中でやってる時って、頭の中、なんにも考えてなくて、真っ白なんだろうと思いました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

息子さんのお話をしてくれました。
この冬休みに面白かった出来事、それは息子さんが何回も滑り降りる姿だったんですね。
そしてそれを話そうと思って、ふと似たものをかつて見たことに気づいた。
それがその息子さんが、数年前にやっぱり夢中で川に飛び込んで遊んでいた、そのことでした。

この二つを結びつける言葉が、最後の結び、
「でも夢中でやってる時って、頭の中、なんにも考えてなくて、真っ白なんだろうと思いました」です。

お母さんが息子さんと楽しく時間を過ごしている様子も伝わってきましたし、
男の子が夢中で遊び楽しさも伝わってきた小話でした。

息子さんをお持ちの生徒さんたちが、頷いてました。
さて、この例は、実はとても参考になります。

最近あった面白いこと。それと似たものを記憶の中から探す。
そして共通点を結びとして話す。

それではもうひとつの例をご紹介します。

二つ目の例
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
友人の子供、4歳の男の子、2歳の女のことアンパンマンミュージアムに行ったんです。
アンパンマンショーを一緒に見ました。
「うわぁ!」と歓声を上げながら見ていて、「うわぁ!見て見て!!」と話しかけてくるんです。
目がキラキラしていて。
自分の喜んでいることを、大人も喜んでいるに違いないという子どものキラキラ光線。
キラキラしていて眩しいんです。

大人になったらキラキラしないのかなと思ってたんですけど、
花火大会の時に若い女性のキラキラを見ました。
浴衣を着て、花火を見ながら、キラキラしていたんです。
でもよく見ると、一緒に歩いていている男性に対してキラキラしている。

自分が綺麗に浴衣を着ていて、自分が綺麗で、そしてそれを相手も綺麗だと見ている。
そういうキラキラなのかなと思って。

やっぱり人って、好きなとき、キラキラするんだと思いました。
お話をしていても(WORTEでは昔話やメルヘンのストーリーテリングのレッスンをしてます)
好きなところって、聞いている人に「あ~ここが好きなんだあ」と伝わる。
やっぱり、そうなんだなあと思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは小さな子供と恋愛中の女性という、少し違う土台のものをつなげています。
でも人が輝くときって、どんなときなのかなというところでつながっている。
一見少し違うものが、見方によってつながる。

今週、月曜日から土曜日までの間に、
好きなお花、好きな風景、好きな食べ物など、みなさんの好きなものについて、
私はこれが好きなんですと紹介するような出だしを小話なさってみてください。

出だしがうまくいったら、それにまつわる過去の出来事を加えて話してください。

その二つを話してみて、心に浮かぶことをそのまま言葉にしてみてください。
きっと素敵な結びの言葉が浮かぶはずです。

ではまた!

言語造形人間学について
言語造形人間学は恵矢のオリジナルの造語です。
シュ タイナー夫妻の始めたこと ばの芸術、言語造形を20年間実践し、ことばの音(子音、母音)と身体や動き、意識との関係、人間の成長との関係などを研究してきました。お話を教えるこ と、オリジナルの言語造形練習文を個人レッスンで各自に適応することで、その確実さを確認してきました。言語造形人間学は、シュタイナーの言語造形の精神 が結実したものです。ヴォルテのレッスンは、言語造形人間学に基づいて行われます。またヴォルテの上級クラスでは、集中講義としてその理論の講義を受ける ことができます。



«   |   »

  |