fbpx
緊張を強いられる職場の人間関係は、あなたの力で変えられる!

緊張を強いられる職場の人間関係は、あなたの力で変えられる!

2020年04月20日(月)

















こんにちは。

シュタイナーのことばの専門家、
恵矢です。

昇進して、緊張を強いられる生活をしていませんか?

医療関係者で、いつでも緊張を強いられている。
そんな方もたくさん、ディスティルコースにお越しになられました。


看護師、医師、検査技師の方々です。
部下を10名以上、お持ちの方もいらっしゃいました。


多くが、お子さんをお持ちでした。
幼児がふたり、と小さなお子さんをお持ちの方も
いらっしゃいました。

子育て、仕事で毎日が飛ぶように過ぎていく生活をしていました。

・このままでは、子どもの思いをくんであげられない。
・職場で身を守りたい。
・この先のキャリアをどうしよう?
・どうすれば、部下を育てられるのか?今日も泣かせてしまった。

様々な思いを抱えて、ディスティルコースへお越しになりました。

というのも、
医療関係では、ほんの少しの不注意が大きなミスにつながります。

また、人の命にかかわる職場ですから、
些細な一言で、患者さん、ご家族の方を
大きく傷つけてしまったり、
誤解されてしまったりします。

あるいは、チームを率いる立場だと
様々な部下、同僚の理解と力量をかんがみ、
育てながら、仕事の成果をあげなければなりません。


もともとストレス、つまり、責任のある職場で、
ほんの少しのミス、恵まれない人間関係のせいで、
さらに、日々が苛酷になってしまっていませんか?

これからのキャリアに悩んでいた方、
ご主人との関係に悩んでいた方もいらっしゃいました。


仕事に専念したいのに、
人間関係が崩れてしまい、
不安や心配、イライラが止まらない。

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?


家に帰れば、
いうことを聞いてくれない夫、
口さえきかない夫がいて、
苦しい思いをしていませんか?


子どもを産んでから、距離感の出た夫に
寂しい思いをしていませんか?

職場でも緊張を強いられるのに、
自分の家でも、くつろげない。









そんな孤独と不安をお持ちではないでしょうか?

・部下をどう育てていいのか、わからない
・患者さんや保護者にどう接していけばいいんだろう?
・二人いる子どものうちの一人とうまくいかない
・夫と子どもが仲が悪い
・怒鳴ってしまって後悔している
・仲良くしたいはずなのに、家族に八つ当たりしている
・際限のない家事や育児に疲れている


今日は、そう言った悩みに効く簡単なワークをお伝えしているので、
ぜひ、最後までお読みください。

~~~~~~~~~~
◇ 魔法の相づち
~~~~~~~~~~
まずは次の動画をご覧ください。



動画では、簡単に人間関係を改善できる魔法の相づちをご紹介しています。

かいつまんで説明いたしますね。

ぜひ、「いいね」「いいいんじゃない」と
相づちを打ってみてください、

ということです。

母音の「いい」は、エーテル体(気)と関係があるので、
肯定的なだけではなく、相手も自分も元気づく。

そんな魔法の相づちです。

ご家族との関係が温かになると
あなた自身も、安心して、日々を過ごせます。

なぜなら、そこがあなたの生きている場所、
ホームだからです!

~~~~~~~~~~~~~~
◇ 言葉の音には意味がある
~~~~~~~~~~~~~~

ヴォルテのレッスンは、
シュタイナー教育で、同じみのシュタイナーが遺した言語造形を
ベースにしています。

言語造形は
音霊、言霊をベースにした言語教育、
演劇、朗読の舞台芸術です。

言語造形療法という治療もあります。

私、恵矢は30年ほど前に、本場のドルナッハで
6年かけて言語造形を学び、正式なディプロマを取得し、
それ以来、ハンガリー、ドイツ、日本で23年教えてきました。

そして、
2.500名近くの女性たちを教えてきました。

その中から、えりすぐりの効果のあるワークの一つ、

それが「魔法の相づち」です。

ぜひ、試してみてください。

きっと、お子さんが今まで言ってくれなかった本音を言ってくれたり、
ご主人との会話がはずんだり、
部下が、本当の悩みを打ち明けてくれたり、と変化が起きるはずです。

「こんな簡単なことで?」

と、あなたもビックリなさるはずです。

ぜひ、今日から試してください!


こんな風に
ヴォルテでは、すぐに実践できる、
具体的なコツをたくさんお伝えしています。

たとえば……

・周囲にマイナス影響を与えるような、無意識の口癖をお伝えします

・いつ、相手の様子を見たり、

・いつ声かけを行うのか?の原則(しかもタイプ別にお伝えしています)

・相手に気持ちが伝わる、一人でそっとできるワーク

・切り替えるには?

・悩みや不安でモヤモヤしたら?

・場当たり的な解決じゃなくて、抜本的な解決のワーク

などなど、100種類以上の小さな具体的なワークがあります。

だから、
どんどん変化がでてきます。

それだけではありません。

自分で自分を整えていかれる、
言語造形の特別なワークが身に着きます。

本場ドルナッハで学んだからこそ、
23年以上、2.500名ちかくをレッスンしてきたからこそ、
の効果的なノウハウです。

その効果はスピーディーに表れます。

1-2週間、早い方はその日の晩から

大きな、ポジティブな変化がたくさん起ります。

「何年も悩んでいたのが、嘘のよう」
「来てよかった」

という感想を毎回、ほぼ全員の方からいただいています。

あまりの変化の大きさに、
「ヴォルテマジック」と呼ぶ方もいます。

ヴォルテのコース参加者の方からは
実際に、こんなご報告をたくさんいただきます。

今日は横山さん(仮名)のお話をご紹介します。
(ご本人にご了承を得て書いています)

~~~~~~~~~
◆横山さんの話し
~~~~~~~~~

この春、横山さんから、ご報告をうけました。


「息子が早稲田、慶応、上智全部に現役で受かりました。
ありがとうございました!」

わたし、その瞬間、ちょっと、驚きました!


というのも、ご子息は、
中学生のとき、38点とってきて、
それでも、
勉強する気配がなかったんです。

小学校でも、中学でも、
「椅子に座ってられない」お子さんで
先生から電話がかかってきたりしました。

そんな彼も、時がたち、公立高校に行きました。

それが、高校1年生の終わりごろ
突然、「自分で勉強する」と決めて、勉強し始めたのです。

さぞかし
お母さんが「勉強しなさい」と言ったんだろう。

と、普通はそう考えます。

実は、違います。

横山さんは、「勉強しなさい」とは
一度も、言いませんでした。


ただ、ヴォルテに通い始めて
ご自身のことにも集中し、
そして、とにかく
息子さんの話しをよく聞いていました。


ただ「聞く」と言っても、
それは普通の聞き方とは違いました。

すこしヴォルテでの学びを用いたのです。

それが、

ニュートラルだけど、温かく聞く。

ということでした。

実はこの「聞く」ということが、
すべての秘密なんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆聞き方を変える、すべてが変わる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

聞くことは、子育てで、大事なんです。
なによりも、大事なんです。

でも、多くのお母さんって、ついつい
自分の理想をベースに子どもの話を
聴いているんです。

上司も同じです。自分の感覚で、
部下の話を聞いてしまいます。

医療関係者も、同じなのです。
患者さんの思い、家族の思いをニュートラルかつ温かく聞くことが
とても大事なのです。

「こうなって欲しいなあ」とか、典型的です。
もちろん、親心なのでどうしてもあるんですよね。

私も子育てしたので、よくわかります。

でも、子育てには、邪魔なんですよね。


相手へのコントロール、
みたいなものですから。


でも、自分の価値観を押し付けることなしに
お子さんの話を聞けるようになると、
お子さんは、自然に伸びていきます。


魂を上から押さえつけるものがなくなり、
積極的に外に向かって、成長し始めるのです。

だから、もしもあなたが、

お子さんとの在り方に悩んでいたり、
母としての在り方に不安があるのなら、
ご主人との関係に悩んでいるのなら、
自分を変えたいと思っているのなら、

本当は今すぐにでも、
ディスティルコースへ
いらしていただきたいです。


きっと、ヴォルテのレッスンで
あなたの人生はみるみる変わるでしょう。

でも、すぐにそんなアクションが
とれる人が多くないこともわかっています。

だからこそ、まずは無料メール講座で


「シュタイナーが教えてくれた
本当の自分で楽しく生きるコツ」

を学んでみませんか?

こちらでは、
なによりも大事なコツをお伝えしています。

それは……
「あなたがどちらのタイプなのか?」ということです。

それを知ったうえで、ヴォルテでお伝えしているような具体的なワークや
動画でお伝えしているようなコツを実践していくのが
大事なんですね。

そうしないと、効果は半減、
ときには、マイナスにもなってしまいます!

無料メール講座では、
これをしっかりお伝えしています。

無料でも、一切手抜きなしの内容です。

動画もたくさん入っていて、わかりやすいと評判です。

そして何より、すぐに日常生活に役立つものばかりです。

とくに言葉の悩み、人間関係や
コミュニケーションの悩み、
子育てに利用できる知恵がつづられています。


たとえば、次のような「ことば」の悩みが
ある方に適しています。


✔声が小さい、声がこもる。自分の声が好きじゃない。
 だから、声や話し方を変えたい。

✔言ったつもりのことが、伝わっていない

✔子どもの話し方が気になるけれど、どう直していいのか悩んでしまう。
 もしかして、私の話し方のせい?

✔いつも余計なヒトコトを言ってしまい、後悔している。

✔人といても、何を話したらいいのか、わからない。

✔自分はちゃんと話しているつもりなのに「話がわからない」って言われる。

✔「言い過ぎたかな?」って後悔したり、反省したり。いつも後から、気づく。

✔人前で話すといつも上がってしまう。
 PTAとか役員が回ってきたらどうしよう!
 職場で意見を聞かれるたびに、身がすくむ!

✔他人の目や、他人の評価が気になる。自分らしさってなんだっけ。

✔夫や子供にキレてしまう。これも言葉と関係があるの?

✔話そうとしても、考えがまとまらない。これも言語造形で学べるの?

たくさん話したのに、全然伝わっていない。これも直るの?

まずはご自身の身近な問題に役立ててみてください。


メール無料講座も特典もここでしか読めない内容です!

さらに、無料メール講座にご参加の方には、
プレゼントPDFをご用意しました。

「シュタイナーが教えてくれた

 本当の自分で楽しく生きるコツ」

 今すぐメールアドレスを書いて、読んでみる!!
            

シュタイナーが教えてくれた、本当の自分で楽しく生きる言葉のコツ



«   |   »

  |